[ネットの危険性]
ネットにおいての注意点や実際に起きた事件などを紹介します。
自分の身を守る上で参考にして下さい。
メールアドレスや電話番号を教えた場合、悪用されるケースがあります。
(他サイトに勝手に書き込まれるなど)
一般投稿者のフリをしてアドレスや電話番号を収集する業者などもいます。

メールアドレスを教えた相手が悪質な業者の場合スパムメール(営利目的の無差別広告メール)が山ほど送られたり、架空請求などの事件に巻き込まれるケースがあります。
更に悪質なケースになると実は勧誘販売員で会った際に高額商品を契約させられたなどのケースもあるようです
自己プロフィールで嘘を付く人がいます。
他人の顔写メで投稿する人もいます。
女性のフリをする男(ネカマ)がいます。
女性のフリをして女性と仲良くなろうとする男もいます。(メル友を女性だと信じ、会いに行った結果、男に乱暴されたという事件も起きてたりします)
電話番号を載せている人は、ほぼ100%悪用です。
相手が業者の可能性もありますので絶対に電話をかけない方がいいです。
最近はホモサイト向けに業者が男性の裸画像を収集するケースもあるらしいです。
また相手に送ったエッチな写メを元に脅されるなどの事件もあります。
安易に写メなどを送らないようにしましょう。
仕事を紹介します等の斡旋はマルチだったり詐欺の手伝いだったりブラック関連の仕事だと思われます。
その場合、逆にお金を騙し取られたり犯罪に巻き込まれる可能性があります。
「言う事を聞いてくれたら○○してあげる」等も何かしらのサイトへの登録勧誘が目的と思われます。
場合によっては高額請求されるかもしれないので気を付けて下さい。
女だと思って会いに行ったら男達に取り囲まれ暴行されたうえにお金を脅し取られる、そんな事件も世の中では結構起きてます。
(テレビで報道されてるのはこういう事件のごく一部)
実際に会って性被害に合う女性の事件も多いようです。
実際に会うというのは男性にも女性にもリスクがあることを忘れないで下さい。
誹謗中傷、脅迫、いやがらせなど問題が起きた場合は迷わず警察に行きましょう。
当サイトでは警察から要請があった場合ログの提出など協力しています。
戻る